Entry: main  << >>
米国の深謀遠慮
 昨晩の米国株式市場の取引開始を見てから眠った時には、まさかこのような事態は起こるまいと思っていましたが、米国金融安定化法案が否決されましたね。(う〜ん、いったんWFCを利益確定しておいたのは正解でした)これを聞いて、日本の金融危機時の住専国会、牛歩戦術を思い出したのは、私だけではないと思います。

 いくつかの記事を見ると、「選挙対策のパフォーマンスの一環として、大勢には影響ないだろうから、自分だけは否決に回ろうという造反議員が大量に出たことで、結果否決となったのでは」という指摘もありましたが、もし、本当だったら、合成の誤謬とも言えそうな、とても面白い現象だと思いました。

 ただ、私は、むしろ、「いったん否決→市場のパニック売り→スケープゴートとなる破綻金融機関の更なる追加→その後、更なる追加支援も可能になる修正法案の挙国一致体制での可決(国民にしぶしぶの納得感醸成)」というのが、政府と議会首脳部の深謀遠慮の末、描いたシナリオの一つだったのではないかとも思いましたが、同じように思った方はいませんでしょうか。

 だとすると、今晩当たり、米国金融株をあり得ないほど安い値段で指値をしてから眠るのも面白いと思うのですが・・・


 投資はくれぐれも自己責任でお願い致します(笑)。
| cpainvestor | 08:50 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
無策の愚かな、というよりは何かを焙り出す為の行為と考えるのが自然でしょうね。
日本だったら無策の愚かな、でいいと思いますが。
内政関連と見せかけて実は外向的に意味のある揺さぶりの可能性もなきにしもあらず。
Posted by: salvan |at: 2008/10/01 6:32 AM
私も起きて東証が500円以上下げていたのを見たときは、いったい何が起こったのか、と唖然としました。
「そう来たか、共和党・・・」みたいな。

シンガポーリアン友達が、「You get what you deserve(自分にふさわしいものしか得る資格がない)」なんだから、「Americans don't deserve Obama(アメリカ人はオバマを大統領に得る資格はない)」と暴言吐いてましたが、それが的を得ているとすると、

法案の恩恵受かる資格なし(よって、当然のごとく否決された)→世界同時大不況

というシナリオかと思ってしまいました。
Posted by: la dolce vita |at: 2008/10/01 5:33 PM
salvan様

一連のドタバタ劇は、諸外国から資金を引っ張るために必要な手続きだったのかもしれませんよね・・・。

 そこまで考えていたとしたら、「おぬし、やるのお」という感じですね。
Posted by: cpainvestor |at: 2008/10/04 9:15 AM
la dolce vita 様

紆余曲折を経て、法案が結局可決されましたね。ただ、一連の騒動でオバマ大統領の選出可能性は高まったように思うのですが、いかに。

それにしても、ちょっと前までイケイケドンドンの投資銀行マネジメント層にいた人間が、金融救済策の先頭を走っているというのは、日本では許されそうもないような気がするのは、私だけでしょうか。
Posted by: cpainvestor |at: 2008/10/04 9:24 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報

Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode