Entry: main  << >>
ボランチ機能強化論
 
 2月中旬から続いた怒涛の3連発プロジェクトも、昨日でようやく無事に収束に向かうこととなりました。常に複数のプロジェクトが同時進行する状況下で、2ヶ月間、限界まで自分を追い込んでサービス品質の維持、向上に取り組んだ結果、新たに見えてきた自分の役割は、「個々のプロジェクトの優秀なボランチ機能を果たす」というものでした。

 ヒントは、先日見た、サッカー日本代表の遠藤選手に関するNHKの特集番組でした。(有料放送のNHKには、民放に迎合するのではなく、こういう番組をもっと作ってもらいたいと思います。)遠藤選手のポジションは、10人のフィールドプレーヤーの中でも、真ん中よりやや後方、昔は守備的ミッドフィールダーと呼ばれたポジションで、現在は「ボランチ」と呼ばれています。

 「ボランチ」は、現代サッカーにおいて、「攻守の要」とされるポジションです。守備面においては、ディフェンスラインの前にポジショニングを取り、相手の動きを先読みして早い段階で攻撃展開を潰す、あるいは遅らせるような役割を果たし、攻撃面においては、ボールを保持している味方のディフェンダーやミッドフィールダーを適切にフォローし、パスの受け手となり、フィールド全体を見渡して適切なパスを供給し、攻撃を組み立てる役割を果たします。(詳細は、ウィキペディア解説を参照。)「ボランチ」は、フォワードより地味ですが、以下のような複数の卓越した資質が要求される重要なポジションであり、日本代表、Jリーグガンバ大阪でこのポジションを司る遠藤選手はまさに「サッカーの玄人好みの選手」であると言えます。

 <ボランチに要求される資質>
一歩先、二歩先の展開を読んでリスクを早めに潰し、攻撃を組み立てる先見性
高いボールキープ力と正確なパスが出せる技術力
局面打開できるような意外性のあるパスが出せる広い視野
前のフォワードとトップ下の選手のマークがきつい時に、積極的に前線まで走り込んでシュートまで持っていけるような豊富な運動量(体力)

 複数の大きなプロジェクトを同時にコントロールしなければならない状況となると、必然的に一つの案件にベッタリ張り付いて、隅から隅まで自分がコントロールすることは諦めなくてはならなくなります。そうなると、個々の業務の最前線及びクライアント実務担当者とのコミュニケーションは、プロジェクトマネージャーとそのメンバーに任せざるを得なくなります。かと言って、現場の外で最終的なリスク管理と報告書のレビュー、クライアントリレーションの最終責任を負う監督(上司)は形式上であったとしても別にいるわけで、マルチタスクの中間管理職は、「自分のポジション取り」というものがとても難しくなるわけです。

 ここで「自分がなすべき役割は何なのか」をここ1カ月ほどずっと考えながら仕事をしてきたのですが、「あくまでフィールドプレーヤーとしてのボランチなのではないか」という結論にたどり着きました。私の仕事におけるボランチ的な役割としては以下のようなものです。

可能な限り現場メンバーと一緒に時間を過ごしながら、業務全体のリスク要因を早め早めに潰しこみ、同時に、サービス品質(報告書品質)向上のテコ入れ(報告書作成前の方向性確認と事前レビュー)を行う。
包括的なクライアントサービス提供を目指した場合の、統括リーダーを担う。(財務・税務のみならず、法務・人事・情報システム・環境など、会社経営上の課題となりそうな自らの専門外の調査事項を担当する別組織のプロフェッショナルのアレンジメントと調整、品質管理を行う)
クライアント報告会におけるプロジェクトマネージャーのプレゼンテーションの効果的な補足を行い(絶妙かつ有意義な合いの手を入れることで存在感を出す)、プロジェクトマネージャーより深いレベルでのクライアントコミュニケーションを担う。
プロジェクトマネージャーに万が一のことがあった場合の代行要員となる。

 立ち位置が非常に難しく、やや複雑な役回りではありますが、今年は、現場の前線からも監督からもありがたられるような「ボランチ機能」の強化に取り組み、「玄人好みのプロ」をめざしたいと思います。(問題は、役割を果たす前提条件となる豊富な体力と技術力があるかですが…)

 「ボランチ機能強化論」システム開発やコンサルティングサービスなどで、「複数の中小型プロジェクトを同時にマネジメントしながら営業もしなくてはならないビミョーなポジショニングの管理者」の皆様のご参考になれば幸いです。(家族サービスのプロジェクト管理は2ヶ月間完全に破たんしたので、参考になりませんが…)

追伸
 忙しくてほとんどケアできていない間に香港ハンセン指数は1カ月で30%超も上昇していたのですね。完全に出遅れました(泣)。香港株、ここから本格参戦するべきか、悩みます。
| cpainvestor | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode