Entry: main  << >>
セブンイレブンが楽しくなくなってきたのは、私だけでしょうか
 
 焼き海苔、キムチ、レトルトご飯、お菓子・・・、最近、我が家の至る所に「セブンプレミアム」の緑色の袋の商品が散見されるようになりました。最近のプライベートブランド(PB)商品の特徴なのかもしれませんが、特にセブンプレミアムの商品は、素人目には、ナショナルブランド(NB)商品とほどんど遜色のない品質レベルのものが増えているような気がします。我が家に限らず、不景気対策生活防衛モードで、PB商品の占有率が日に日に高まっている家庭も多いのではないでしょうか。

 セブンイレブンの店舗でも、「セブンプレミアム」として固めて陳列しているPB商品コーナーがあるだけでなく、多くの大手食品スーパーの店舗がそうであるように、NB商品の真横に同一種類のPB商品を置く手法が採用されています。伊藤園の緑茶ティーパックを買おうとして、隣の「セブンプレミアム」を手にとってしまう方も多いのではないでしょうか。

 一世代前のPB商品は、かつてダイエーが売り出した輸入ビールではありませんが、「ただ安いだけ」というものも多かったように思います。しかしながら、最近のPB商品は、消費が低迷する中でのIYグループやイオングループの強大な販売力・流通支配力もあって、大手のNBメーカーも商品開発・製造に多数参加しているようです。
 NBメーカーが開発に知恵を絞り、広告宣伝費や販売促進費を湯水のように使って生み出したロングセラー商品が、徹底的にパクられているのを見ると、さすがに「えげつないなあ」と思うのは私だけではないと思います。(以下、NB商品を徹底的にパクって作ったPB商品をTTP商品と言います。)

 セブンイレブンでは、1年間で、70%以上の商品が入れ替わると言われています。これだけ商品の新陳代謝が激烈だと、コンビニの棚でロングセラー商品として生き残るのは、並大抵のことではありません。だからこそコンビニの棚において生き残り続けるNB商品には価値ある信頼感が生まれるのと同時に、次なる人気商品が生まれる可能性も秘めているとも言えるのです。

 最近、私は、セブンイレブンの店舗に行っても、緑色のTTP商品が増えて、全然楽しくありません。むしろ、「できるかぎりの利益をセブンイレブンの中に囲い込もう」という意図がミエミエで、なんだかむなしくなります。
 セブンイレブンは、コンビニ業界のリーダーとして、「もっとNBブランドの知恵と努力に敬意を表して(彼らを立てて)、利益を分かち合おう」という大らかな姿勢を持っていた方が、結果として「商品の目利きとしてのブランド力」が長続きするような気が個人的にはするのですが、目先のコンビニ市場の飽和化、やがて来る縮小傾向を考えると、背に腹は代えられないということなのかもしれません。

 どんな業界でもそうだと思いますが、顧客との接点である販路を独占し、ゲートキーパーとしての力に胡坐をかいて強引に利益を囲い込み続けようとすればするほど(賢い人が考えそうな、「ビジネスモデルの精緻化」というやつです)、顧客が突然そっぽを向くなり、ゲートキーパーを中抜きしようとする勢力が現れたりするものです。Windowsに対するLinuxしかり、既存メディアに対するインターネットしかり。

 セブンイレブンには、改めて「毎回行くのが楽しい店舗」でいて欲しいと切に思います。例えばこのお店みたいに・・・。
| cpainvestor | 00:16 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
「毎回行くのが楽しい店舗」でいて欲しいと・・・」っていうコンセプトが商品で表現されている内は各店舗の歩調もそろって美しいけど、いずれ、店員の質に転化されるコンセプトに切り替わると、とたんに破綻する、だろうなと思っています。

年齢によって感じ方違うんですよね。
Posted by: いのうえ |at: 2009/04/28 9:53 AM
同感です。カップ麺が好きなんですが、セブンイレブンの新商品はPBばかりです。有名店とのコラボの商品があるんですが、2年ぐらい?変わってないんじゃないでしょうか。もう旬がすぎた感じの有名店の商品をずーっと並べてる感じで、魅力がありません。
Posted by: sato |at: 2009/05/03 6:59 PM
いのうえ様

コメントありがとうございます。
確かに属人的なオペレーションとセンスに頼るようになるとチェーンストアとしては苦しくなりますね。

難しいところです。
Posted by: cpainvestor |at: 2009/05/09 11:43 PM
satoさん

同じことを思っていらっしゃる方がいて安心しました。「毎日発見がある」のがコンビニの定価販売力の源泉であるように思っていたので、PBだらけになるのは、正直とても残念だったのでこのエントリーとなりました。
Posted by: cpainvestor |at: 2009/05/09 11:50 PM
25〜30年前くらいのセブンイレブンは、まさに行く度に楽しいお店でした
小売業に風穴を開けた、夢の感じられる存在でしたね
今はつまらなくなってしまったと感じます
便利なだけで夢はなくなった
Posted by: えっせ |at: 2010/03/06 1:33 PM
えっせ様

10年3月のエントリーで書いた山パンはセブンとは別の意味でメーカーとしての自負を感じさせる会社です。
Posted by: cpainvestor |at: 2010/03/21 1:32 AM
最近、NBのパンかとおもって買いましたら、ガーデンベーカリーというカルビーの系列会社のパンだったので、興味を持って調べていたら、このページに行き当たりました。
たしかに、「いつものところにあるコンビニ」というのも大事ですが、新商品や、企画商品が多い、他のコンビニのほうが楽しく思えるのです。
Posted by: しゅう |at: 2011/04/18 10:04 AM
しゅう様

古いエントリにコメントありがとうございます。
セブンイレブンは本当に洗練された業態だとは思いますが、緑一面に埋め尽くされるのはどうも好きではありません。
Posted by: cpainvestor |at: 2011/04/19 12:36 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報

Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode