Entry: main  << >>
右手に聖書、左手にドラッカー

 
 ふんわり食パン、ダブルソフト、ランチパック・・・コンビニ、スーパー、どのお店のパンコーナーに行っても、山崎製パン(以下山パンとします)の存在感は圧倒的です。国内のパンの業界シェアの実に4割近くを占めているそうです。

今週の日経ビジネス(2010年3月22号)の特集は、「山パン、異端の経営」でした。

 特集の最初のページの写真が印象的でした。正面に山パンの配達車(かわいい女の子がパンを食べている絵の入っている例のトラックです)と、背景にセブンイレブンが写っています。山パンは、「セブンに屈せぬ唯一のメーカー」だそうです。

 
前にこんなエントリーを書きましたが、やはり棚が緑のPB商品で埋め尽くされている現状には、商品開発のアイデアを流通業者にパクられ、価格も実質的に牛耳られているメーカーが一番面白くないわけです。その意味で、冒頭に掲げたような自前のヒット商品を持ち、自前の物流網を維持して毎日10万の小売店に配達する山パンこそが、「デフレと流通に屈しない食品メーカー最後の砦」なのかもしれません。

 一応、財務状態を見ておきますと、このデフレ経済下、内需産業であるにも関わらず、売上は増収、営業利益も伸びています。  
 最近では、食品業界のガリバー、再建請負人として、東ハトや不二家の買収などM&Aなども積極的に進めていることもあって無形資産残高が多くなっています。

 日経ビジネスの特集を読むとよく分かりますが、年間の新商品数は5,000種類以上、製品ごとの経常損益まで把握し、工場間で製品開発や業績を競わせるなど、強い会社には、強い会社としての理由があることがよくわかります。

 ただ、一番強烈だったのは、山パンの飯島社長のインタビュー記事に出てきた「右手に聖書、左手にドラッカー」という言葉です。バリバリのクリスチャンで経営学者ピーター・ドラッカーから直接の薫陶を受けたこともある飯島社長は、マタイによる福音書の「聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません。」の聖句を引いて、以下のように話しています(以下記事より引用)。

 「価値を創造する場に、流通さんや商社さんや、うちの売店(販売店)さんとかを入れちゃダメなんです。流通さんは消費者の味方だなんて言うけど、(原価高騰を転嫁するためにPB)商品をちっちゃくしても構わない(姿勢な)わけでしょう。真剣に品質向上に努めているところがやはり価値を生み出す場にいるべきです。」

 価値創造をしているメーカーとしての強烈な自負心を感じさせる一言です。飯島社長の中では、聖書と経営が密接に結びついています。

 「供給者と需要者を結ぶ独占的なプラットフォームビジネスは美味しい」というのは、優秀な経営者や投資家であれば誰もが気付いていることです。証券取引所であったり、携帯キャリアであったり、マスメディアであったり、巨大流通業者であったり、ポータルサイトであったり、こういうところにその労力以上に多額の利益が落ちるのは、過去にその仕組みを構築した方が優秀であったわけで、致し方ありません。ただ、かつてこういう業界は、もっと黒子に徹して、供給者(コンテンツメーカー)を前面に出して尊重する度量があったようにも思います。最近は、デフレ不況で本当に余裕がなくなったのでしょう、供給者を安価で利用するだけ利用して、絞れるだけ絞ろうという姿勢が以前にも増して強まっているような気がします。

 新たにコンテンツやイノベーションを生み出す組織や個人に敬意を表すためにも、「まずは自分ができるだけナショナルブランドの食品を買おう」と思わされた記事でありました。

 

| cpainvestor | 01:09 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
おつかれさまです。
お久しぶりにコメントをさせていただきますが、やっぱり勉強になります。ナカナカ経営理念に基づいた投資・運用ということができていないのでいつもためになります。
Posted by: 矢向 |at: 2010/03/21 9:50 PM
はじめまして。
当記事をみて再度日経ビジネスを読みかえしました。

私はP49の飯島藤十郎さんがマーケティングを戦争に捉えて演説している写真に衝撃を受けました。すごくパワフルなDNAを持っている会社なんですね。

そのパワーがこのパンに詰まっているんですね。 ぱくぱく。
Posted by: ニッパー |at: 2010/03/24 3:37 PM
矢向様

 経営理念に基づく投資が良いか否かは議論のあるところではないかと思います。
 ただ、「理念がしっかりした経営」というものの価値には、多くの方が評価している内容ではなかろうかと思います。
Posted by: cpainvestor |at: 2010/03/30 10:07 PM
ニッパー様

確かに、P49の写真は強烈ですね。
このDNAはしっかりと山パンに受け継がれているのだと、私も思います。
Posted by: cpainvestor |at: 2010/03/30 10:08 PM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報

Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode