Entry: main  << >>
創薬バイオベンチャーの成功モデルは本当に生まれるのか?


 6月17日に、昨年上場したばかりの創薬バイオベンチャー、キャンバス(4575)と武田薬品工業(以下武田薬品)との間のがん治療薬に関する共同事業化契約の解消が発表されました(プレスリリースはこちら)。

 2009年のIPOはわずか19社と、まさに氷河期に近い状況だったわけですが、医薬・バイオベンチャー関連は4社(大幸薬品、キャンバス、テラ、デ・ウェスタン・セラピクス研究所)と、それなりの存在感を出していました。その中でもキャンバスは、「副作用の少ない抗がん剤」という将来有望な分野の新薬候補物質で、天下の武田薬品との共同事業化契約締結にこぎつけたということで、市場の注目度は非常に高い案件でした。
 実際、上場直前期決算(2008年6月末)は、売上高170百万円、経常損失122百万円、当期損失125百万円、純資産額2,236百万円という状況ながら、初値ベースの時価総額は、10,467百万円とかなり高い値段がつき、「ようやく本格的な創薬バイオベンチャーの誕生か?」という資本市場の期待感が表れていたように思います。

 ところが、2009年9月の上場から1年もたたないうちに、今回の事業提携契約解消となりました。当然ながら、ここ数日株価は暴落していますが、1年チャートでみると、典型的な初値天井銘柄となっていたことがわかります。

 新薬開発の成功確率は20,000分の1以下とも言われ、その開発には莫大なコストと時間がかかります。特に、前臨床試験(動物実験による検証を行う)を無事通過し、臨床試験(フェース機↓供↓靴了庵奮で、サンプル規模を徐々に拡大してヒトによる検証を行う)に進めば、その開発コストは1件あたり、最終的に数十億から数百億に膨らむと言われています。

 大手製薬企業は、2010年以降、現在の稼ぎ頭の大型新薬の特許切れが相次ぐことから、ここ数年、血眼になって次の新薬の候補物質を探してきました。また、新薬候補物質獲得のために大金をはたいて、米国バイオベンチャーの買収なども行ってきました。キャンバスは日本の「創薬バイオベンチャー期待の星」として、IPO時の目論見書を読む限り、武田薬品のおめがねにかなう有望な候補物質を持っているように思えたわけですが、その期待は、わずか9カ月で見事に裏切られました。
 製薬企業にとって、保有する新薬候補物質群のうち、どの案件をフェーズ狂緘勝及びフェーズ靴領彎音邯海某覆瓩襪否かは、極めて重要な意思決定になると言われています。なぜなら、この段階での治験サンプルは数千人〜数万人分のデータが必要となることから、場合によっては1候補物質案件あたり数百億円の研究開発コストがかかると言われているからです。フェーズ靴泙膿覆瓩疹紊如¬効が思うように出なかったら、莫大なコストが全て無駄になり、経営の屋台骨をゆるがしかねません。だからこそ、フェーズ兇ら靴任凌渓候補物質の絞り込みは「製薬企業にとっての生命線」といわれるわけですが、キャンバスの保有する候補物質は、残念ながら武田薬品のこの最も重要なスクリーニングを通過できませんでした。

 キャンバスと武田薬品の共同プレスリリースによれば、今回の共同開発契約解消は、「候補物質そのものの問題」ではなく、あくまで「武田薬品とキャンバスの開発方針の相違の問題」としていますが、ここから先の開発コストのキャンバス社単独での負担は難しい以上、武田薬品が多額の違約金を払ってまでも外した候補物質の開発を他の製薬企業が引き受けてくれるかどうかは微妙です。

 今回、「創薬バイオベンチャー期待の星」の先行きが怪しくなったことで、上場バイオベンチャー企業群そのものの将来が、ますます見えなくなったような気がします。
 「創薬バイオベンチャーを新産業創出の起爆剤に!」というスローガンのもと、官民挙げての支援が始まってかなりの期間が経ちますが、未だ成功モデルは現れません。「新薬創出には高い不確実性があり、長い期間がかかる」といくら目論見書には書かれていても、損失ばかり押し付けられている投資家が忍耐できる期間は、もうそれほど長くないような気がします。

追伸
 以前にも紹介しましたが、製薬企業における新薬開発に関する候補物質絞り込みのプロセスは、下記の桑嶋先生の書籍に非常にわかりやすく書かれているのでおすすめです。


| cpainvestor | 19:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
現在、抗癌剤治療を受けていますが、毎月、平均で45000円、支払っています。(3割負担で、45000円です。)

僕は、投与を受けている量が少なく、その上、最新の抗癌剤(分子標的薬)を使っていないので、まだこれ位で済んでいるのですが、なかには、もっと多くの金額(例えば毎月10万円以上)を支払っている方もいます。

一方、cpainvestorさんが書かれているように、新薬開発のコストは、非常に掛かるので、薬価が「馬鹿高」なのは、「仕方ないかな。」とも思います。

患者としては(そして一勤務医としても)、公費によるサポート(創薬の過程でのサポート)があれば有難いな、と思うのですが、難しいところですね。
Posted by: のっぽ187 |at: 2010/07/04 6:48 PM
のっぽ187様

時々ブログ拝見させていただいております。がんと闘いながら、前向きに生きるのっぽ187さんの文面にいつも刺激を受けています。

私の身内にも類似の病で闘病している者がおりますので、治療費の負担の重さはよくわかります。特に私の身内は、最近保険適用となった分子標的薬を使用しているので、なおさらです。この新薬と日本の健康保険制度、高額医療費還付制度に感謝しつつも、その負担の重さに家族は悩んでいます。

難しい問題です。

Posted by: cpainvestor |at: 2010/07/06 9:57 PM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode