Entry: main  << >>
Red Oceanの中でも知恵と工夫と努力次第で生き残れる


 ここのところ、使用しているメガネのレンズの表面コートが少しずつはげてしまい、視界がチカチカして仕事の集中が妨げられる状況が続いておりました。かなりの近視である私にとって、朝から晩まで常時使用しているメガネはまさに、「顔の一部」どころか、「生活の友」、「商売道具」であります。ですので、巷のチェーン店の一式セットではなく、それなりに吟味してこだわったデザイン・品質のものを購入し、最低2〜3年は使うようにしています。
 
 今使っているのは、このブランドのメガネなのですが、それなりにお値段も張り、なかなか気に入っていたので、レンズがおかしくなってもすぐに新しいものを購入する気になりませんでした。そこで、レンズ交換を考え職場近くの購入したショップに電話したところ、「交換に1週間弱かかる」と言われました。代替メガネは持っていますが、今とデザインが違うものを1週間も毎日かけていたくないですし、しかも翌日からは出張が控えておりました。「新しいものを購入して、それが届くまで我慢するしかないか…、でも新しいものを選ぶにも時間もかかるし、結構なお金もかかる…、う〜ん」と悩んでおりました。

 そこで「メガネ レンズ交換 納期」でググってみると、このサイトがヒットしました。「メガネレンズやその交換手順」に関して異常に詳しい解説がなされているサイトを一通り読んでみたところ、「縁なしメガネではないもので適したレンズが自店舗の在庫にあれば、30分で交換できます。」というフレーズを見つけたので、迷わず電話してみました。電話の応対はスムーズで、「おそらく、お客様が言う視力で特殊なデザインのメガネではないのであれば、適したレンズの在庫が店内にあるのではないかと思います。ご来店頂ければ、30分で仕上げられます」とのアドバイスを店員さんから頂きました。私は、さっそく職場の昼休みに神田まで行ってまいりました。

 店舗の方は、お世辞にも立地が良いとはいえず、規模も「街のメガネ屋より小さいのでは」と思うぐらいでしたが、店員さんは皆親切できちんと検眼もして頂き、レンズに関する専門的なアドバイスも詳しくしてもらいました。また、国内・海外有名メーカーのレンズはほとんど取り揃えていたので、「度数は進んでいるけどとにかく薄いのが欲しい、予算はあまりこだわらない」という私のニーズにあった「両面非球面レンズ」も在庫されておりました。
 
 電話でのアドバイスのとおり、本当に30分でレンズ交換をして、フレーム調整もしてもらい、洗浄液とクロス、次回の割引券まで頂いて帰ってきました。お店の滞在時間は、検眼時間も含めて、しめて1時間程度でしょうか。私はこだわったレンズを選んだので2万円強支払ったと思いますが、レンズの品質とサービスの対応、スピード感を考えると、久しぶりに良い買い物をしたと思いました。

 過去のエントリーでとりあげたように、メガネ業界は現在マーケットの縮小が続き、大手チェーンによる価格破壊で競争環境は激化しています。(まさにこの本の言うところの Red Oceanでしょう。)大手でさえ非常に厳しい状況の中、街の中小メガネ小売店は本当に食べて行くのが難しくなっているのではないでしょうか。

 このお店のベテラン店員(もしかするとオーナー)にこのお店を作った経緯などを帰りがけにそれとなく聞いたところ、以下のように話してくれました。
 「たまたま国内全てのレンズメーカーと取引ができていたので、手間がかかって儲けが少なく、他店がやりたがらないレンズ交換に特化した業態を、逆転の発想でやってみようと思いました。最初は手探りでしたが、愛着のあるメガネを手放したくないというお客様は意外に多いようで、ネットからのお問い合わせも増えてきていて、なんとかやっています。(経営はそこそこうまく回っているということでしょう)」

 私が見たところでは、このお店は、次のような点で他の大手チェーンや街のメガネ店と十分に差別化されていたように思います。

○大手チェーンがやりたがらないレンズ交換専門という業態で、比較的高級なメガネを購入し、長期使用するメガネユーザー(ニッチマーケット)にターゲットを絞りこんでいること
○設備投資は最低限に抑制(都内でも賃料の安いエリアでの立地、坪数最低限)
○二重丸評価の店員のレンズ知識と接客能力
○「レンズ交換」の検索キーワードトップに来る検索エンジン最適化対策、詳細な解説つきWebサイトに代表されるマーケティング能力
○豊富なレンズ在庫(種類・メーカー多様性)と店員の一部が接客だけでなく加工能力も有することによる短納期実現
○通販顧客のメールマガジン会員制度などによる囲い込みとリピーター化

 Red Oceanの中の小規模店でも、知恵と工夫と努力次第で生き残れるという事例を、このお店からまた一つ学んだように思いました。

| cpainvestor | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode