Entry: main  << >>
土地探し(2)

 
 地元の不動産屋さんに声をかけ、市内南側・駅から徒歩10分圏内の人気エリアに絞って、中古住宅と土地探しの二正面作戦を本格的に初めて数カ月が経ちました。

 ある5月の晴れた日、「土地が出た時に間取りを作る際の参考になりますから、是非見に来て下さい」と言われ、地元の不動産業者が建てたモデルハウスを見に行きました。その後、たまたま自宅のすぐ近くに街角へーベルハウスという、旭化成ホームズのモデルハウスがオープンしたこと知っていたので、「大手住宅メーカーの家がどんなものだか見てみるのも、比較のために悪くはないだろう」と思い、家族でここを訪問することにしました。

 この街角へーベルハウスは、「住宅展示場の大型豪華物件ではなく、実際の住宅地に標準モデル物件を建てて、リアルなヘーベルハウスを体験してもらおう」というコンセプトで、旭化成ホームズが進めているモデルハウス事業です。私は完全な冷やかしのつもりで行ったのですが、午前中に訪問した地元業者のモデルハウスがかなりしょぼかったためでしょうか、コントラスト効果も手伝って、ヘーベルハウスの機能(耐震性や遮音性)や内装は魅力的に見え、特に妻はいたく気に入ったようでした。
 しかし、大手住宅メーカーの中でもヘーベルハウスの建築単価は高い部類に入ると聞いていたこともあって、「割高すぎ!住宅メーカーのあの広告宣伝費を負担させられるのはたまらん!」と思い、営業マンの説明を聞いていても、購入意欲はまったくわきませんでした。


 ところが、このモデルハウスの2階の窓から、前の駐車場となっている土地を見た際、この土地の条件がかなり良いことに気付きました。

○駅から徒歩8分、市内南側人気エリア、
○長男の同一学区内、1学年5クラスある小学校、中学校まで徒歩5分
 (ピアノ教室に最適な立地か???)
○ほぼ正方形のフラットな敷地
○面積は35〜40坪程度
○西側で静かな2車線市道(小中学校の通学路)に接している
○南側の隣地は、建てたばかりの大きな家があるものの、この駐車場敷地の南前はその家のカーポートとなっており、日当たりは良さそう。(その家の更に南側は駐車場)
○北側はモデルハウスへの進入路と駐車場(その駐車場の更に北側はアパート)
○東側はこのモデルハウスと隣接

 私はヘーベルハウスそのものの説明はほどほどのところで断り、この土地のことに関して逆に営業マンを質問攻めにしました。以下私の主な質問と営業マンの回答です。

 この土地は旭化成ホームズの持ち物か?
 旭化成ホームズの持ち物です。隣地の地主が今回この土地を処分するにあたり、ヘーベルハウスで自宅とアパートを建てた縁で、最初に当社に声をかけてくれました。この元地主は、自分が売却した隣地があまり細かく分筆されることを望んでおらず、できればヘーベルハウスをこの場所にも建ててもらいたいということで、売却に応じてくれました。
 売却予定はあるのか?
 街角へーベルハウス事業自体が、一定期間モデルハウスとして展示した物件を、後に売却する形態をとっていますので、モデルハウスの売却時期が決まれば、当然この隣地もいずれは売却することにはなろうかと思います。既に地元の不動産会社が何社かこの土地を売ってほしいと言ってきてはいますが、まだ、売却時期は未定ですし、そもそも彼らに売却するつもりはありません。
 土地の売却条件はあるのか?
 いずれ、ヘーベルハウスの建築条件付き宅地として売り出すことになると思います。なお、この宅地は売主の元地主との約束で、北側の駐車場横のアパートの日当たりが悪くならないよう、フルで3階建ての家は建築できないことになっています。

 私は、この土地の条件がとても気に入ったので、「もし、売却時期が決まったら、是非声をかけて欲しい。」とこの営業マンにお願いをして、モデルハウスを出ました。

 その後も、時々この営業マンに「モデルハウスを売る計画は立ちましたか?」とメールで尋ねると、「まだいつになるかわかりません。申し訳ありません。」という回答ばかり返ってきておりました。
 ところが、9月上旬になって、急にこの営業マンが自宅を訪ねてきて、「モデルハウスを売却する方針が決まり、ついては隣地も売却することになりました。」と直接連絡しにきてくれました。私が不動産業者以外の個人としては、一番に早く隣地売却について声をかけていたとのことで、最初に連絡してくれたようでした。この1年間、真剣に物件探しを続けてきて、「本当に良い中古物件、土地はなかなか出ない」ということを実感していた私は、この話を真剣に検討してみることにしました。この土地は、ヘーベルハウスの建築条件付きとなるため、土地売買契約と家の建築請負契約の同時締結が条件となるとのことで、建物と土地、一括での金額見積りとなります。
 9月、10月は、私を優先交渉権者とし、他の候補者に声をかけたり、チラシをまいたりしないと、この営業マンが約束してくれたので、 それから私は毎週末、この営業マンと間取り設計の打ち合わせと見積もり額の交渉を同時進行で続けることとなりました。

(つづく)

| cpainvestor | 20:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
急展開ですね。
自分の一番好きな形での買い物の仕方、という感じです。
オークションで欲しい商品を安く買えたときの100倍位気持ち良さそう^^; 
でもどんでん返しもありそうな・・・?
Posted by: ny |at: 2010/11/13 3:09 AM
ny様

買い方は良くても、お値段もそれなりに良いわけで、最後はやはり決断できるか否かです。

人生で一番高い買い物であったことだけは、間違いないと思います。
Posted by: cpainvestor |at: 2010/11/21 11:22 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode