Entry: main  << >>
卵はひとつの籠に盛るな


 東北関東大震災では、東北地方を巨大な津波が襲い、その後は原発危機で日本中が騒然となり、14日からは、日本の資本市場にも津波が襲いました。

 原発危機と資本市場の危機については、まだまったく予断を許さない状況にありますが、いずれも自分が事後的にできることを行った後は、静観するしかありません。

 原発危機について、まったくもって痛切に思うのは、「なぜ、同じ場所に6基も作ったのか?」ということです。
 もちろん近隣住民対策や設置コストだけを考えれば、一つ一つ分散して立地させていたのでは割りに合わないのでしょうが、次々に発生するトラブルを見ていると「コストをかけても分散すること」の大切さを改めて感じます。

 14日から押し寄せている国内資本市場への大津波もまったく同様です。相場の好調がしばらく続いておりましたから、買い建ての信用取引で多くのポジションをはっていた方も、相場下落時よりもずっと多かったのではないでしょうか。その結果、14日、15日の暴落で再起不能になっている方も相当数いらっしゃるのではないかと思います。

 かくいう私も、初日の暴落で、ここ半年間の含み益がふっとび、2日目の暴落で、住宅購入の資金計画を少し見直しせざるを得ない状況となりました。ただ、/用取引は手を出していなかったこと、運用資産の半分が外貨であったこと、住宅購入に備えてここ1年は運用資産に追加資金を投入せずにキャッシュポジションを高めていたことで、今回はなんとか最悪の事態には陥らずにすんでいます。今回、事後的にできる処置として、とりあえず、外貨資産での運用ポジションは、ほぼ全てを現金化しました。(日本株は放置どころか昨日少し買い増してしまいましたが・・・)。

 リスクマネジメント関連の書籍などを読むと、リスクに対する対処策としてよく以下の4つが挙げられています。

.螢好回避
 リスクが発生する諸要因そのものを完全に排除すること。
 
▲螢好移転
 リスクが発生する諸要因はそのまま残して、リスク発生時の損害を第三者に移転すること(保険契約などが典型)。

リスク受容
 リスク発生に伴う損害が小さい場合にこれをあえて放置すること。

ぅ螢好軽減
 リスク発生に伴う損害を許容範囲内に抑えるために各種施策を講じること。(複数資産への分散投資や定期的な資産のリバランスもこの手法の一つと考えられる。)

 現実問題として、全てのリスクを回避できるかというと、それは難しいでしょうし、それでは飛躍のチャンスも失います。また、リスクの移転も、今回のような大規模災害が発生すると、再保険契約なとを通じて世界の保険会社の屋台骨がゆらぎ、支払が難しくなることもありえます(今回は支払ってくれそうですが・・・)。完全な他人任せは許されないということでしょう。リスク受容も、まず自分が受容できるリスクと、リスク要因が発生した際の損害等も定量化することが必要になり、限界があります。

 いろいろ考えていくと、やはり「卵はひとつの籠にもるな」というリスク分散による軽減がリスク管理の最も基本であるように思えてきました。ユダヤ人の資産三分法とか、華僑が子供達を別々の国に住まわせるとか、結局、そういった先人の教えが最も正しいということなのでしょう。

 今後起こりうる変化にいち早く適応できるようにするためにも、資産の分散に限らず、エネルギー源の分散、収入源の分散、スキルの分散、人付き合いの分散、住まいの分散など、改めて自分の身の回りの分散度(多様性)をチェックする必要がありそうです。

 追伸
 気になる原発関連ですが、テレビのアナウンサーと御用学者の掛け合いよりも以下のサイトの方がより分かりやすい気がしましたので、まだ読まれていない方のためにリンクを付しておきます。

福島第一原発で何が起きているのか

だからチェルノブイリとは違うって何度言えば分かるんだってばよ!原発についてまとめてみた

| cpainvestor | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode