Entry: main  << >>
オリエンタルランド強し

 

 この秋の連休明け、家族で約1年ぶりにディズニーランドに行ってきました。最近の小学校は2学期制になっており、今週が「秋休み」として休みになっています。夏に家族サービスを十分にできなかったことへの罪滅ぼしとして、有給休暇を取得してこの期間に行ったのですが、同じように秋休みとなっているか、もしくは運動会や体育祭の代休となっているのでしょうか。平日だというのに、家族連れも多数来園していて、えらく混んでいまして、有名アトラクションの前は、1時間以上待つものがざらにありました。

 約1年ぶりの訪問でしたが、改めて認識したことをいくつか。

・混雑は相変わらずだが、その中でも快適に過ごしてもらおうという工夫は随所に見られる(駐車場の誘導、ファストパスの丁寧な説明、パレード・イベント前の親切な告知、待ち時間のこまめな開示とアナウンス、一部アトラクションの稼働スピードの上昇など)。
・領土問題の影響か、中国人、韓国人の観光客は昨年同時期に比べ、激減しているような印象を受けた(これは下期業績にマイナスでしょう)。
・キャストの教育は本当によく行き届いている。何か聞いても、頼んでも、本当にこれでもかというくらい愛想良く応えてくれる(社歴もあってか、ベテランキャストも増えている気がするが、オジサンスタッフも抜群に感じが良い)。
・いつもそうだが園内は極めて清潔で、特にトイレは清掃が本当によく行き届いている。
・リピーターが多いためか、アトラクション目当てではなく、パレードやイベント目当てに、それぞれの会場前で長時間席取りをしている客が多数いる(ドル箱リピーター間違いなし)。
・明らかに高齢者も増えているが、車いす等での移動もしやすいようなバリアフリーの仕掛けが随所に見られる(祖父母が来やすくなれば、必ず子と孫がくる)。
・いつも思うが、最後に残った改善点があるとすれば、食事の味と値段だが、これは、回転率とマージンを高めて利益を取るために、クレームを受けても、あえてこのまま強気の商売をしているのだろう。

 東京という巨大都市を後背地に抱え、国内地方や成長著しい東アジア諸国からのアクセスも良好、この恵まれたポジションで、上記のオペレーションを30年近く続けられれば、入場券を値上げして、グッズを目一杯買わせても、客は「不景気を忘れさせてくれる唯一の楽しみ」として家族でリピートするのでしょう。日本を代表する多くのモノヅクリ輸出企業が円高と競争激化で苦しむ中、将来的には、この舞浜地区が、もっとも貴重な外貨獲得源になるのかもしれません(かなりのブランド料を米国に持っていかれるわけですが)。

 本当に、この会社、だてに最高入場者数を更新していませんね。改めてバランスシートを見てもわからない「ビジネスフランチャイズの強さ」を再認識させられました。やはり「暴落時の強力ビジネスフランチャイズ企業は買い」でしたね。見逃し三振をしてしまった私にとっては痛恨のエラーでございました。

 そういう意味では、原発再稼働問題と燃料価格高騰で現時点で株価が暴落している某セクターも、相対的に財務状態の良く、原発依存度の低いビジネスフランチャイズ企業は、中長期目線で「買い」なのかもしれません。

| cpainvestor | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode