Entry: main  << >>
「建設で勝負しない」建設業
 横浜マンションの杭打ち問題で水を差された形にはなったものの、復興需要にオリンピック需要が加わり、建設業はどこも人手不足、大手ゼネコンは軒並み決算好調とのニュースを目にしました。
 そんなに業績好調ならば、建設業にも一過性ではなく、地力をつけた会社があるに違いないと思い、久しぶりに下記の条件で財務数値のスクリーニングをしてみたところ、ヒットしたのはわずかに2社しかありませんでした。

1.総資産経常利益率が過去5年間継続して10%以上(経営効率の持続性)
2.株式時価総額500億円以上(中堅企業以上の安定性と株式流動性)
3.  来期も増収増益見込(見通し良好)


「相続における節税ソリューション」
 
1社目は、皆様おなじみ、いい部屋ネットの「大東建託」です。
 全国津々浦々、猛烈営業マンが巡回しており、少しまとまった土地を見つけるとすかさず地主にアパート建築+一括借り上げを提案する、あの会社です。この会社のセグメント情報を見ると良くわかりますが、一括借り上げの不動産事業よりも、最初のアパート建築で圧倒的に儲けていることがわかります。
 相続税の課税標準が下がったことは、この会社にとっては追い風でしょう。大都市近郊にまとまった土地を持つ兼業農家や、後継者難の町工場の経営者向けに、ここぞとばかり、廃業・相続対策支援+アパート建築+賃借人付けの提案をしまくっているに違いありません。この会社が、税理士、銀行とタッグを組んで、相続税の節税ソリューションパッケージとしてアパート建築を提案し、その後の客付けまで引き受ける以上、地主は建築コストの値引きを迫るのは極めて難しいのでしょう。また、またアパート建築から一定期間後は、大東建託側に逆ザヤが継続しないような契約更改を行い、地主に賃料下落リスクが転嫁されることになります。
 大東建託は、アパート建設業を生業にはしているものの、実質的には「相続における節税ソリューション提供会社」といえるのかもしれません。


大東建託

 「インフラを長く使用するための保守・メンテナンス」
 
2社目は、橋梁・トンネルといった社会インフラの補修専門会社「ショーボンドホールディングス」です。正直、あまり知らなかった会社ですが、ビジネスモデルは調べれば調べるほどユニークです。
 もともと樹脂系接着剤の開発会社から始まったこの会社は、建設請負に比べ低単価であるが故に、大手ゼネコンが見向きもしなかったインフラの保守・メンテといった工事の将来性に気付いていち早く取組み、独自の工法、専門技術者の育成を通じて、「橋梁メンテナンスNo.1」の地位を築きました。
 日本全国には70万橋の橋梁が存在し、一般的な橋梁の耐用年数と言われる50年を経過するものが10年後には約半数に近づくとのことで、この会社には現在受注が殺到しています。また、トンネルや鉄道、河川や港湾といった分野でも、高度成長期に建設した物件の老朽化が進んでおり、同様に引き合いが強いそうです。
 「造らない建設会社」を自称する同社ですが、インフラのメンテナンス分野で長期に渡って磨き続けてきた独自の工法や資材、施工ノウハウを熟知した技術者と強固な協力会社ネットワークは、競合他社もそう簡単に模倣できそうもありません。当分この分野では、ショーボンドホールディングスとその協力会社の天下が続くのではないでしょうか。


ショーボンド
 
 どのような業界であっても、持続的な利益を計上している経営効率の高い会社には、ユニークなビジネスモデルがあるように思います。今回の2社に共通するのは、建設業でありながら、付加価値の源泉を「相続人の節税ソリューション」や「長く使用するための保守メンテナンス」といった建設以外の分野に見出したことではないでしょうか。まさに、「人の行く裏に道あり花の山」といったところでしょうか。

 12月21日に私が担当する日経ビジネススクールの「企業分析実践講座」では、「財務数値」の裏にある「ビジネスモデル」を読み解く力をつけ、企画提案に生かすことを目的として、カリキュラムを作成しています。
 取引先企業の事業を深く理解する必要性を感じている経営企画や財務担当者、法人営業担当者、与信管理担当者の皆様、定性分析の力を強化したいと感じている個人投資家の皆様の参加をお待ちしています。

 
| cpainvestor | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode