Entry: main  << >>
テイクアンドギブ・ニーズの赤字転落に思う
 
  破竹の勢いで成長してきた邸宅風ウェディングのテイクアンドギブ・ニーズ(T&G社:4331)が2008年3月期業績予想の下方修正を発表しました。上場以来、初の赤字転落となるということです。

 これまで、体育会系名物社長の下で、「気合と根性」、「感動挙式」で成長してきたT&G社ですが、ついに壁にぶち当たったようです。

 業績大幅下方修正の理由として、T&G社は、以下のような理由を挙げています。
集客力の減少による低下による受注数の減少
(ア) 規模拡大を最優先したことによる個店の体制作りの遅延に伴う集客力の低下
(イ) 地元密着のメディア対策が不十分であったことによる訴求力不足に伴う集客力の減少
成約率の低下による受注数の減少
(ア) 営業推進がマニュアル化したことによるプロデュース力の低下に伴う成約率低下
(イ) プロデュース力を重視する営業方針の転換が円滑に進まなかったことによる現場の混乱に伴う成約率の低下

  結婚式場のビジネスは、いわゆるハコの稼働率を最大限に押し上げることで稼ぐ典型的な稼働率ビジネスです。言い換えれば、ホテルや航空会社と同じく固定費が重く変動費の軽いビジネスですから、施設が適正価格でフル回転(高稼働)することで、売上が固定費を回収する水準(損益分岐点)を上回ると大きく利益が出ますが、思ったような稼働率を確保できず、売上が損益分岐点を下回るようになってくると、とたんに大きな損失が出るというハイリスク・ハイリターン型の収益構造を持つビジネスの典型であると言えます。

  その意味で、利益のトリガーは、低コストオペレーションではなく、適正価格で、目標とする施設稼働率を達成し、目標売上を確保できるかどうかにかかっています。ここで、結婚式場の売上高をもう少し要因別に分解すると、以下のような式が成立するはずです。

結婚式場一店舗あたり売上高=客単価×受注客数=客単価×下見客数×成約率

  今回のT&G社の発表を見ると、売上が著しく減少した理由は、下見客数の減少と成約率の低下が同時進行的に発生したことにより、受注客数が大幅に減少したことにあるようです。

  下見客数の増減に影響するトリガーとは何でしょうか。これはおそらく、広告宣伝費の金額とその使い方となるでしょう。結婚式場というビジネスの最大の特徴は、顧客のリピートが全く見込めないということにあります。このため、広告宣伝費という「撒き餌」をいかに効率よく使って、潜在顧客である下見客を確保するかが、極めて重要となります。今回のT&G社の発表を見る限り、広告宣伝費用の費用対効果が落ちていることは明らかだと思います。(彼らはそれを地元密着型のメディア対策の不十分性と表現しています。)

  成約率の高低に影響するトリガーとは何でしょうか。これはおそらく、各店舗の営業マンの人員数とスキルとなるでしょう。急速な店舗展開で人材育成が追いつかず、下見客を着実に成約に持ち込むという営業マンのスキルレベルが低下しているのだと思います。(彼らはそれをマニュアル化によるプロデュース力の低下と表現しています。)

  こうして見ていくと、下見客数の回復には、個別の店舗の商圏ごとにきめ細かい広告宣伝戦略を立案していく必要がありますし、成約率の回復には、地道に営業スキルレベルの向上を図るような人材育成を行う必要がありますから、いずれも一朝一夕には片付かず、それなりの時間とコストがかかるように思われます。その意味で、T&G社は一時的な業績の減速が起こっているという単純なものではなく、その収益構造をゆるがすような「正念場」を迎えているのかもしれません。

  このように売上を要因別に分解してみると、その会社のビジネスの損益構造の本質が見えてくることがよくあります。

  広告宣伝費をジャブジャブ使って集客し、高度な営業スキルを使って毎回毎回、多額の客単価を負担してくれる新規顧客を獲得し続けることで、売上を作っていかなくてはならないビジネスって、えらく不安定で非効率だと思いませんか。しかも、邸宅風挙式なんて、簡単にパクられそうで、差別化は本当に難しいと思います。

  上記のようなことから、結婚式場などの「差別化のしにくいリピートなし稼働率ビジネス」は、個人的に「最も投資するのを避けたいビジネス」の一つとなっています。

  T&G社の経営戦略などを見ると、なんとか挙式をしてくれた顧客との関係を維持して、別のサービスや商品を売り込もうとしているようですが、やはりうまくいっていないようですね。

  同社が今後、どのように体制を立て直すのか、もしくは落ちていくのか、興味を持ってウォッチしていきたいと思っています。


| cpainvestor | 02:21 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
リンク先など見ましたが、クロスセルというかワンストップショップは難しそうですね。
結婚という晴れの舞台で財布の紐が緩むという事はあるのでしょうが、よっぽど財布に余裕のあるカップルでなければあんたのトコで全部買うよ、とはならないような気もします。

自前でやるよりは、例えば旅行ならJTB等と提携して紹介手数料を取るだけにしておいて、本業に注力したほうが良かったように思われます。ワンストップショップは全部自前でやる必要は全くないはずで、新興企業の体力や能力を考えた場合、風呂敷を広げすぎに見えますね。記事に書かれていているように本業のハンドリングがかなり難しい業種なようですし。
まあこれも赤字になったからいえる後付の理由ですが・・。

社長がモデルと結婚した年に赤字転落とは災難というか何と言うか。。株主は怒ってそうですね^^;
Posted by: ny |at: 2007/11/24 1:18 PM
ny 様

赤字となったことは、コメントする気になったきっかけにすぎませんよ。

少し、このビジネスの収益構造について考えるだけで、「長くは持てない銘柄だな」ということをお話したかっただけです。

「長くもてない銘柄」基本的に好きではないんですよ。
Posted by: cpainvestor |at: 2007/11/24 11:15 PM
後付の理由、というのは自分の文章に対するものです^^; 自分のコメントは詳細に分析して書いたわけではありませんので・・。
cpainvestorさんの意見は後付ではなくいつも真っ当な分析ですから、参考にさせて頂いています。
Posted by: ny |at: 2007/11/25 3:42 AM
こんにちは。いつも楽しく読ませてもらっています。

当方もこの業界を研究したことあります。
「固定費が重たい収益構造」、「長くもてない銘柄」というのは、本当にご指摘のとおりだと思います。
ただ、「リピートが見込めない」という欠点があるものの、見方を変えれば、「結婚」という需要自体が絶対的に永続する(需要がなくなるとか、代替物が出現するとかいうことがない)ともいえると思います。
少子化の加速と、類似業者の勃興による競合激化があるので今後も市場環境は厳しいでしょうから安泰なビジネスではないのでしょうね。
冠婚葬祭ビジネスは、勢い・見栄等によって顧客のコスト意識が働きにくいというとても珍しい特性があるので、短期・中期のレベルではそれなりに高い成長性や収益性が出る可能性あると思いますので、状況次第ですが、当方は投資の検討対象にはなり得るものとして考えています。
Posted by: ipoconsultant |at: 2007/11/26 10:32 PM
ipoconsultantさま

いつもご訪問ありがとうございます。

おっしゃるとおり結婚式ビジネスにも、良い点がいくつかあります。

 ̄η招呂離咼献優垢任△蝓◆峇尭亜廚気┐気擦蕕譴譴弌顧客が高単価を支払うことに応じやすいこと(一生に一回、リピートがないからこそ、ふっかけられるという話もありますが・・・)
⊃材や必要人員があらかじめ読めるため、オペレーションロスが少ないこと

上記のようなメリットはあるにしても、やはり差別化は難しいため、いわゆる先行者利益獲得のモデルにしかなりえないと思います。その意味では、ipoconsultantさんがおっしゃるように「短期間の成長期にかける」投資はありだとは思います。

個人的には好きではない投資スタイルではありますが。
Posted by: cpainvestor |at: 2007/11/30 2:40 PM
オリックソも、ここほど体育会系的じゃないにしても、宮内氏は相当攻撃的なので、ここの二の舞にならなければいいかなって思います(ここのちょっとしたあホルダーなもので・・・)
Posted by: 川俣軍三郎 |at: 2012/06/13 3:08 PM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode